社会福祉法人わたげのほし  花園保育園(旧立岩保育園)

園だより

  7月  給食だより
≪ 野菜の代わりに野菜ジュース? ≫
「 野菜をなかなか食べないから野菜ジュースを飲ませてます」
最近よく耳にする話です。
野菜ジュースは野菜の代わりになるのでしょうか?
答えは・・・NO!
野菜ジュースの大半は、野菜よりも栄養素の含有量が少ないことがわかっています。また、野菜は噛むことにより消化吸収が促進されたり、脳が刺激されるなどの効果がありますが、ジュースでは効果が期待できません。
野菜ジュースは野菜の代わりではなく、食生活の補助的なものとして考えましょう。
 
  6月  園だより
[ 子育てを楽しむ ]

大変だけど、この子の可能性が見える。
体は小さいけれど、表現は拙いけれど、
大人と同じ感性と意欲と向上心を秘めている。
日々の成長が頼もしい。
大人は多忙さに追われがちな日常の中に、
ポッと輝きを覗かせてくれる子どもたちの姿に
感動を覚えます。
 
  6月  給食だより
≪ 食中毒を予防するために ≫

1. 菌をつけない ・・・ 基本は手洗いです。

2. 菌を増やさない ・・・ 購入後はすぐに冷蔵庫にいれます。

3. 菌をやっつける ・・・ 調理の時は十分に加熱を。
 
  5月  園だより
〜 五月晴れに誘われて 〜

心うきうき お友だちといっぱい遊びきって、食事も もりもり、バタングーとは、
一昔前の子どもの日課でした。何と健康的でしょう。
現在は、一方通行のテレビ視聴に時間を奪われていないでしょうか?
乳幼児期は、人間として80%成長すると言われる大切な時期です。
家族や周りの人たちといっぱい触れ合って、コミュニケーション能力を高めるよう
心を尽くしてあげましょう。
 
  5月  給食だより
【 季節のおやさいしってますか? 】

春が旬の野菜には、強い香りや独特の苦みを持つものが多いのが特徴ですね。
この成分には抗酸化力があり、病気の原因をやっつけてくれる作用があります。
寒い冬に種をまき、地中に根を張り、じっと暖かくなるのを待ってできたのが
春野菜。
季節のものを、季節に食べる。春野菜のデトックス効果で、病気に負けない体づくりをしましょう。 

 
  4月  園だより
穏やかな春陽と共にご入園ご進級おめでとうございます。
お子様の健やかな成長を喜び、共に更なる日々の生活を点検しつつ、
よりご成長の糧となる手立てを考え、できる限りの努力を尽くして参りたいと
思っています。
本年度もよろしくお願いいたします。
 
  4月   給食だより
≪  食育は乳幼児期から  ≫

 食べることは生きることの源です。楽しく食べる体験を重ねて、心と体の発達を
促しましょう。 豊かな食の体験は、生涯にわたり、健康で質の高い生活を送る基本となります。
 1日の生活時間の大半を過ごす、保育園での食事の意味は大きく、この場を
チャンスととらえ、お子様の発達段階に応じた 「 食育 」を実施して参ります。
 当園の食育目標を、保護者の皆様と共有できることを願っています。
 
  3月   園だより
≪ 這えば立て、立てば歩めの親心 ≫

昨年の3月桃の節句の頃のお子さんを思い出してください。
「 ほんとにおかげさまで 」と、すんなり口をついて発する言葉では
ないでしょうか。
お子さんの成長に感謝する精神性もまた、親ならではの温かい愛情心から
ほとばしる言葉だと思います。

ご卒園・ご進級に向け、喜ばしい季節ですね。
 
  3月  給食だより
食事のマナーどうやって伝えてますか?

< 幼児期はマナーを大人の姿から吸収するとき >

♡ 幼児期は、マナーより食べる楽しさを覚えることが第一。

 ・ 食事の挨拶は良い姿勢で。
 ・ 空いてる手は器に添える。
 ・ 食事の途中で席を立たない。

これは普段の大人の姿から、自然に吸収して生活習慣になります。
 
  2月  園だより
< お子さんの 今を大切に >

いたいけな お子さんたちの心に向き合い、抱きしめる親ごころ!
なんと素敵な瞬間でしょう。
幸せな安心感に満たされたその心は、
人にとって不可欠な自己肯定感に繋がり、自己発揮・自己コントロール能力の
基礎となります。
お子さんにとってお母さんの賢い愛情表現は、最高の心の栄養素ですよ。
 




サイト管理 / サイトポリシー
© 2018   花園保育園   ALL RIGHTS RESERVED.